最短1日工事・土日対応致します!

休業中に車両メンテナンス

 

部分張替えなら1~2日、全面張替えも2~4日間で完成します。車両の稼働を止めることなくメンテナンスができます。

 

大型トラック、トレーラー、2tトラックいずれも対応可能です。

右画像トレーラー3スパン10m全面張り替えでも土日2日にて工事させて頂きました。

 

※荷台面積によってはご相談となる場合がございます。

荷台張替え 最短工事の事例

車両が休業日を利用してメンテナンスをしたいとのご要望で、1日作業でメンテナンスできるご提案をさせていただきました。破損した部分や使用頻度の高い部分だけを張り替える事で、車両の対応年数まで安心して使用できると喜んで頂けました。

 

工事期間:1日

車  両:大型トラック

お 客  様:愛知県名古屋市  I運送会社様


荷台の傷みが激しい部分だけを張り替えたいとのご要望をいただき、部分張り替えをさせて頂きました。最小限の費用で荷台メンテナンスができ、ドライバーさまの安全が確保できたと喜んで頂けました。

 

工事期間:1日

車  両:4tトラック

お 客  様:愛知県名古屋市  K運送会社様


現地調査にて張替え希望部分(緑テープ内)を確認させて頂き、ご予算と工期の要望に合う張り替えプランをご提案させていただきました。

プランにご納得いただき、すぐに土日で工事させて頂きました。車両の稼働を止めずに荷台修理ができたと喜んで頂けました。

 

工事期間:2日

車  両:大型トラック

お 客  様:愛知県名古屋市  T運送会社様


トレーラー・トラックの荷台デッキ材が傷んでいませんか?

トレーラーの荷台のデッキ材どのくらいの期間で傷んでしまいますか?
下記の写真はいずれも8~9年のトレーラーの写真です。板が劣化しネジがやせて切れてしまっています。

これでは安心して輸送できないでしょうし、荷積みの際にも安全を確保できませんね。

なぜこんなに早く荷台板が傷んでしまうのでしょう?
原因の1つはデッキ材の下に敷いてある鋼板にあります。

右の写真では鋼板に土のようになったデッキ材が付着しているのが見てわかります。

この鋼板に水が溜りデッキ材が常に濡れている状態がデッキ材を早く傷めてしまう大きな原因になります。

私どもはデッキ材をより良い状態で長く使用して頂けるよう、荷台板劣化の原因の1つになっている鋼板部分の水溜まりを解消するために、3センチ程度の水抜き用の穴を加工して張り替える工事をさせて頂いております。
張り替えをお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

工事は基本的に現地(貴社車両保管場所)に弊社スタッフが出張工事にて対応させて頂きます。

工事日数は2~4日です。

荷台張り替え参考価格

トレーラータイプ 板厚み21ミリ

  • 両側のみ2ライン7m程度(左画像):350,000円程度
  • 両側のみ2ライン5m程度(中画像):280000円程度
  • 3ライン全面11m程度(右画像):750,000円程度

フック周りの加工も車両に応じて対応致します(2,000円前後/1か所)

平ボディータイプ 板厚さ21ミリ

  • 全面張り替え(幅2.3m×長6m) 400,000円程度
  • 部分的な貼り替えは箇所数、面積により作業時間が大きく変わりますのでご相談ください。

工事までの流れ

お日にちに余裕をもってお問い合わせ頂きますようお願い致します。

  1. 1.お問い合わせ
  2. 2.実際のお車の下見
  3. 3.お見積書兼受け発注書の提出
  4. 4.受け発注書のご返信(発注依頼)
  5. 5.工事日程のご相談、工事金額の半額以上のご入金
  6. 6.荷台張り替え工事
  7. 7.残金のご入金

メールでのお問い合わせ

COPYRIGHT © 2015 SUNDEFT ALL RIGHTS RESERVED